夏の交通事故は多くの子供が犠牲に!夏の安全運転方法!

Posted on by wpwebmgr

夏になると子供たちが学校に行かなくても良い季節になりますので、日中から多くの子供たちを見掛ける機会が増えて行きます。開放感に弾けている子供たちは急な飛び出しも多くなり、交通事故に遭ってしまうことも珍しくないでしょう。

しかし、このような状況は大人であるドライバーの方が積極的に注意すべきでして、最近は子供たちがキチンと白線内を歩いていても交通事故を起こしてしまうドライバーも居るくらいです。

まず、夏における安全運転で忘れてはいけないことは、まず社内を適度な温度に設定することです。人によってはバッテリーがもったいないからとエアコンを付けずに窓を全開にする人もいます。これも悪くないのですが、基本的に暑さは判断を鈍らせますので必ず付けて意識が散漫にならないようにしましょう。

また、弁護士によると運転する前の日にはよく眠ることも必要です。夏は睡眠不足で体力を奪いますので、運転には決して楽では無い季節だと言う事を覚えておいてください。

駐車場の傾斜によって起こる自動車のクリープ現象による交通事故は意外に多い!

Posted on by wpwebmgr

20年前くらいの日本では車両登録でもマニュアル車もかなりあったものですが、最近はほとんどがオートマ車となってマニュアル車に乗る機会も非常に少なくなりました。そのため、駐車場などでは以前あまり起きなかった交通事故ケースが多くなっています。

それがいわゆるクリープ現象と言えるでしょう。つまり、アクセルを踏まずに前進する車体のメカニズムであり、普段からサイドブレーキをきちんと引くことを習慣づけていない人はこのクリープ現象で事故を起こしやすくなります。

また、マニュアル車の運転に慣れていた方はレンジをドライブに入れたまま車を離れる癖を持った方もいて、これがクリープ現象の事故ケースを多くしていると言えるかもしれません。過去には、このクリープ現象で踏切に突っ込んで列車とぶつかったケースもあるくらいです。

弁護士によれば列車にぶつかれば巨額損害賠償を強いられる場合もあるので、必ず停車の時はパーキングレンジに入れなければなりません。

夏祭り時に起きることの多い交通事故!怪我も深刻になりやすい!

Posted on by wpwebmgr

夏になりますと開放感も非常に大きくなり、イベントもとても多く開催されるので暑さを忘れるために外に出かける方も珍しくありません。しかし、多くの人間が集まる夏祭りは交通事故の頻度も高くなり、一旦怪我をするととても深刻なケースになって行くこともあります。

この大きな原因として、多くの人が浴衣やスリッパなどの軽装で過ごすことにあります。交通事故などで一旦転倒してしまうと、出血しやすくなるために怪我も非常に治療が長引いていくことも珍しくないわけです。

また、最近の男性は夏祭りでは膝小僧を露出したものを着用する傾向も多く、靴も素足にスリッパ形式のタイプもあるので脚の怪我はとても深刻になって行きます。さらに、自動車を運転するドライバーも人ごみに強引に入ろうとする者も多くなるので、これも夏祭り時の交通事故を多くする要因となっているでしょう。

弁護士に言わせるとこのような時期の外出は、出来るだけ下半身については怪我のしにくいものを身に着けて出血を防ぐことが重要となります。

原付50㏄二人乗りの交通事故!被害者でも過失が大きくなる?

Posted on by wpwebmgr

交差点は多くの交通事故を引き起こす非常に怖い場所でして、原付と自動車の衝突という凄まじい事故も珍しくありません。しかし、原付の事故に関してはちょっと困ったケースもありまして、それが二人乗りをしている場合と言えるでしょう。

実は原付にも50㏄以下のものとそれ以上ものが有りますが、50㏄以下のものは二人乗りが出来ません。この50㏄のバイクで二人乗りしている際に自動車と衝突事故を起こして死亡若しくは傷害を負ってしまうとどうなるのでしょうか?

ここで原付の方が被害車両と仮定すると、自動車側の保険会社は原付側にかなりの過失相殺を主張して来る可能性があります。つまり、本来1人しか乗れない50㏄以下のタイプに2人で乗っていたからです。また、原付側にも任意保険が掛けられていても二人乗りをしていた場合は色んな制限が付けられる可能性も高くなります。

そのため、双方の任意保険を使っても慰謝料の額にマイナスに響くことは避けられず、弁護士が付いても問題の多い案件となるのは間違いありません。

交通事故の加害者になることが多いビッグスクーター!過失がかなり大きくなるケースも!

Posted on by wpwebmgr

最近車道を見てみると非常に目立つのがビッグスクーターと呼ばれる125㏄以上の大型スクーターです。スクーターなのに高出力で、オートマティックなのでストレスなく走れるとあって最近は日に日に走行する台数が路上に増えているのを実感できます。

しかし、このビッグスクーターのドライバーの走りを見てみるとどうもマナーの悪い方も多く、ギアチェンジが必要ではないこともあって隙間から強引に追い越す方も多いでしょう。この手軽さと機動性が魅力なのですが、非常に不安定なのが大きな欠点となるようです。

それ故に、ビッグスクーターが歩行者と出合い頭に衝突して交通事故を起こすリスクも非常に高まっていて、この際に転倒しやすいビッグスクーターは被害者に深刻な健康的ダメージを与える可能性があります。

また、弁護士によるとブレーキをせずに高速でコーナリングするドライバーも多いので、いざ歩行者などをはねてしまうと非常に大きい過失割合で損害賠償請求を起こされやすいと言えるでしょう。