交通事故に強い弁護士の探し方

ネット上にはあまりにも多くの弁護士事務所の交通事故解決事例があります。これは弁護士がここ10年で一気に増えたことが大きな原因もありまして、実績アピールの場となっています。そんな弁護士サイトの大きな特徴とすれば、慰謝料などの増額に関する実績を大きくアピールしていることが大きなものとなるでしょう。

しかし、このようなアピールしている増額ケースの中身は精査が必要です。交通事故に精通した弁護士ができるものと、弁護士ならだれでも獲得できるものもあり、事例内容は判断していかないとなりません。本来増額ケースとして公開すべきなのは、後遺障害認定といった解決の難しいケースであるべきで、残念ながら多くの交通事故担当の弁護士サイトではそのような事例に出会うケースは少ないと言えるでしょう。

逆に言うと、単にホームページの増額ケースを見て依頼先を決定することが極めて危険であって、交通事故処理に関連して良い弁護士事務を見つけるには、コツが必要です。

参考記事:交通事故に強い弁護士の選び方と見分け方→(http://xn--3kq2bx53h4sgtw3bx1h.jp/kotsujiko-7854.html

新聞の広告に載っている交通事故を専門とする弁護士事務所は難事件の実績を持たないことが多い!

最近は交通事故を扱う弁護士はウェブサイトを所有して営業を行っていますが、最近は新聞の広告や折込みなどにも弁護士事務所のものが多く見られるようになっているのです。かつての弁護士事務所は広告が必要のない業種でした。それは、ある程度実績があればおのずと口コミで依頼者が増えて行ったからなのです。

ところが今は交通事故件数自体も減ったことによって、弁護士が担当できる案件もそれに比例して減少することになっています。よって、彼らは従来の方法で事務所を維持出来る程の経費を捻出することが大変困難になっていまして、実績のない彼らはお金を出して広告を打たなければならないと言えるでしょう。

特に交通事故に関わらずに特定の分野に絞って広告を打っている弁護士事務所は、かなり仕事が無くて困っているところが多くなります。逆に今のような時代でも広告無しで営業できるところが、むしろ実績があって多くの信頼を得て頑張っているところと言えます。